So-net無料ブログ作成

《車買取》最大8社無料一括査定
車買取専門店 ブログトップ

車買取 ガリバー [車買取専門店]

以前、車買取の見積もり査定をガリバーさんにも依頼しました。




査定に来たのはベテランで慣れた雰囲気だったので、安心感ありました。
何というか知識が豊富な感じといいますか。

僕の家からは約2時間くらい離れたところから出張してきてくれたようです。

査定の時間は約30分もかからないくらいだった気がします。
他にも査定を依頼していた会社があったので即決はできませんでしたが。
なんとなく雰囲気の良さそうで誠実な担当者さんだったので、好印象でした。

それから他にも2社の査定を依頼しましたが、ガリバーの担当者さんの名前を出したところ。

「あー、あの人の価格にはちょっと敵わないかも。。。」

と消極的な意見が出てきたりして、「そうなんだー」って感じでしたね。
たまたまなのでしょうけど、結局その時は一番高かったのがガリバーさん。

他よりも数万円の違いでしたので、大差ではありませんでした。
そもそも田舎なので競合する買取専門店が少なくて3社での比較でしたから。

都会の場合はまた状況が変わるのだと思いますね。
ここだ!と決められない場合は、ガリバーさんに見積もり依頼するのも一つの方法です。
中古車の取り扱いがナンバーワンの実績なので、そのあたりも決め手のポイントだと思います。

ガリバー

事故車 買取 [車買取専門店]

職場の同僚が帰宅途中で接触事故を起こしてしまったそうです。

道路脇に駐車してあった車に当たってしまったという状況です。
けがをしていなかったのは、不幸中の幸いですね。

車自体は走行可能なので、修理は時間があまりかからないとか?

そう言えば、事故を起こした車は査定できない。
というようなイメージがありました。

しかし、調べてみたところ骨格に関わる部分の修理が事故車の定義でした。
修復履歴のある車のことを言うのだそうです。
日査協、公取協などの買取査定に使用する統一した基準があります。

ボディなどの外側は、修理をしても事故車扱いにならない可能性があります。

事故車扱いになった車も買取ってくれる可能性があるのは知りませんでした↓


事故車の買取が出来る理由として

■海外に流通経路がある。
■海外では事故車にたいする悪いイメージが少ない。
■海外では修理して使用するのが当たりまえ。

そのような背景があるのだそうです。
廃車にしようか・・・と考える場合は、事故車買取の選択肢もあるということですね♪

輸入車 買取専門店 [車買取専門店]

叔父さんが旧車好きで古いベンツの愛好者の集まりに参加しているそうです。
輸入車の買取専門店がそこで話題になっていたんだとか。

大手の買取店やディーラーでの下取りでは高値がつかない。
それでも価値の分かるところに高値で売りたい。

そんな希望にマッチしているということで、利用されているそうなのです。

旧車の愛好家の方たちの間でお馴染みなのだとか↓



年式が1980年代のベンツ、1990年代のポルシェ、1980年代のBMWなど。
他の買取店と比較すると買取金額に40万円,50万円の差が出ることもあるとか。

輸入車は輸入車の販売ルートがあって、ノウハウが豊富。
さらにキズや不具合もボッシュ認定の工場を完備しているのが高価買取の理由。
ということでした。

特殊な車は相場とは関係が無いので、希望の価格になるよう努力してくれる。
そんな買取店だそうですね。

■出張料や査定料、名義変更手数料など無料
■ローン中の愛車も買取可能
■契約後の再査定もなし。
■名義変更を確実に行うので安心
■日本に1台など、どんな車種でもOK
■動かしていなくても現状を把握して査定
■故障していても故障の原因を究明して価値を算出

輸入車は詳しくない僕ですが。。。
話を聞いた感じだと、輸入車や希少な車は価値の分かる人に!
というのは腑に落ちました。

輸入車に乗るようになって、手放す時には一つの選択肢として良さそうです♪

参考までに、ここにありました↓
外車王 輸入車・外車査定


車買取専門店 [車買取専門店]

車買取専門店の高価買取の仕組みって?

調べてみると車の価値を知っているというのが大きな理由だそうです。

・中古車オークションの相場を知っている。
・販売ルートを持っていて、得意としている車種がある。
・ある程度、高く買取っても高く売るための方法がある。
・廃車などは、部品としての販売も出来る。

中古車の販売も自社で行っている買取専門店は、利益も出しやすいのかな?
そんな予想をしていますが・・・。

一括買取査定を利用すると高価買取の可能性が高まります。
車買取専門店 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。